糖尿病の症状が悪化する前にこちらをチェック

ウーマン

情報を正しく集めよう

病院

新宿には沢山の病院がありますので、内科も探しやすいと言うメリットがあります。仕事中に体調が悪くなった時に、休み時間にさっと通いに行くことも出来ますし、仕事終わりでも診察してくれる内科であれば、安心して通えるでしょう。

詳細

疲れが取れないと思ったら

男性

病院で検査しよう

疲れが取れず体がだるい、尿の泡が消えない、よくのどが渇く、目がかすむ、肌に弾力が無くむくんでいる、立ち眩みがする等が糖尿病の症状です。複数当てはまる人は病院で検査した方が良いでしょう。糖尿病は合併症の多い命に係わる怖い病気な上、特に慢性合併症が併発すれば長く辛い治療になります。しかし、それは糖尿病の発見が遅れたか治療せずに放置して重度化した場合です。それに日本人の95%は2型と呼ばれる糖尿病で症状を見逃さず、早期に発見できれば食事療法と月に一度の検診を続ければ完治することもできます。1型でも早期に発見してコントロールしたほうがインスリンコントロールで合併症などを防げます。老化が原因の場合でも早い方が筋肉維持や食事療法を早く始める事が出来るので、後の血糖値コントロールがしやすくなります。また、症状を感じたらクリニックへ足を運ぶと良いでしょう。

最近は治療も楽に

主に糖尿病2型の治療になりますが、最近はカロリーより糖質を重視した食事療法が増え、飢餓治療と揶揄されたころに比べると苦痛は少ないようです。それに症状を捉えて早期に発見できれば異常値も低いので、食事治療と運動治療をガッツリ行い短い期間で治すことも可能です。又は、長期的に食事生活の見直し等で無理なく治すことも出来ます。運動治療も効果的な方法で筋肉を付ける事で基礎代謝を増やし、有酸素運動の研究も進み効率的な脂肪燃焼カロリー消費が出来ます。さらに、より効率よくするいろいろなサプリやプール等の施設を利用すれば、費用は増えますがより効率的で糖尿病治療が行え、結果的に健康的な体を作れます。できれば症状が出る前に普段からストレッチや軽い体操、食事の炭水化物率を減らし、飲み物は出来るだけお茶等の無糖の物を心がけましょう。コツは無理せず続けられるペースを保つことです。病院で検査は嫌、という方は献血なら診断はセルフですがデータがもらえます、無料で社会貢献にもなりお得ですね。それと初期の糖尿病2型は時間は掛かりますが完治診断もあります。自身での治療の他に、診療科に目を向けることも大切です。医師の診察を受けることで、完治がグッと近づきます。

心身への違和感が生じたら

女性

日常生活を送っていくうえで、正常な生体リズムを崩してしまわないように努めていくような心がけが、自律神経失調症を予防する対策となります。医師に診てもらうことも大切ですが、日々の暮らしの中で、過度な緊張状態の継続からくるストレスなどを自覚したら、それを発散させる手段を身につけていく必要もあります。

詳細

少しでも早く対処しよう

婦人

40歳以降であれば乳がん検診は、市から送られてきたクーポンで無料で検診を受けることができ、その年齢に達してなくても自分で病院を訪れ実費にて検診を受けることができます。主にマンモグラフィー検査と超音波検査が行われ、2つの検査を行うことで正確に判断することができます。

詳細

Copyright© 2017 糖尿病の症状が悪化する前にこちらをチェック All Rights Reserved.