糖尿病の症状が悪化する前にこちらをチェック

男性

少しでも早く対処しよう

婦人

自分にあった方法で

女性特有の病気と思われがちな乳がんは年々と増加傾向にあります。しかし外国と比べ、日本人の死亡率は低く、外国からも日本食などが注目されています。乳がんの発生は年齢は関係ありません。若くして乳がんになる人もいますが、若いほど進行が早く、更年期になるほど進行は緩いとされています。いずれにしても早期発見と早期治療が第一番です。しこりがあった場合はすぐに受診することが1番ですが症状がなくても乳がん検診を受けることをお勧めします。自覚症状がなくても乳がんになっていれば検査によってしっかり分かります。乳がん検診は40歳以降であれば市から送られてくるクーポンを利用して無料で検診を受けることができます。市によっては無料健康診断と一緒に実施される場合もありますが、40歳以前の場合は実費にて検診を病院に申し込む必要があります。

検査内容は何か

乳がん検診は自分の胸を出して調べてもらうのですから最初戸惑ってしまうかもしれません。その為になかなか病院には行きづらいといった声を多いのは確かです。乳がん検診は独立してある病院は乳腺外来があり、ない場合は外科で受診することができます。市からの検診は全てが無料ですが、自分で行う場合は、予約を取って、検診にかかる費用は実費になります。行う検査は主にマンモグラフィー検査と超音波検査があります。マンモグラフィー検査では10秒程度何もつけていない状態で胸を圧迫し左右2方向ずつレントゲンを撮ります。これは乳腺、乳房専用のレントゲンで少ない放射線量で撮る独特の方法です。そしてもう一つ超音波検査では乳腺は白く現れ、がんは黒く現れますのでとても分かりやすい検査方法ですが、すべてを拾ってしまうので単独での判断が少々難しいとされています。

Copyright© 2017 糖尿病の症状が悪化する前にこちらをチェック All Rights Reserved.