糖尿病の症状が悪化する前にこちらをチェック

男性

心身への違和感が生じたら

女性

変調の兆しを見逃さない

心臓の鼓動がいつもよりも激しく感じられたり、頭痛やめまい、あるいは不定愁訴などが生じて、そうした状態が持続している場合には、自律神経失調症が疑われます。この自律神経失調症の可能性のある症状がいつまでも治まらないようであれば、心療内科などで受診する必要があります。自律神経は発汗作用や心臓を動かすなどといった、普段意識していなくても、勝手に活動しているもので、見えない部分で生命活動の維持を下支えしてくれている神経になります。これら自律神経というものは、交感神経と副交感神経に分けることができます。興奮状態にあるときなどは、交感神経が優位になっていて、逆に、リラックスしているときなどには、副交感神経が優位に働いています。このふたつのバランスが崩れることによって、心身への変調が現れてくるとされています。

生体リズムとストレス発散

精神面や身体に違和感が生じてくる自律神経失調症にならないようにするためには、不摂生な生活習慣などを改めていく必要があります。本来人間の持っている生体リズムは、太陽の昇る日中に活動をすることで、そのリズムが正常に保たれています。そのため、夜間活動型のライフスタイルを送っている方の場合は、自律神経失調症になりやすいので、とくに留意が求められます。また、職場内などでの息つく暇もない多忙な業務からくるストレスといったものを、長期間溜め続けてしまうことによっても、自律神経のバランスが乱れてしまう原因となります。自律神経である交感神経と副交感神経の状態をともにバランスよく保っていくには、朝起きて夜は眠るといった生体リズムに基づいた、規則正しい生活習慣を送るようにしなければなりません。それと同時に、過剰なストレスがかかる環境はできるだけ避ける、またはその発散方法手段をみいだしていくといった試みも必要になってきます。

Copyright© 2017 糖尿病の症状が悪化する前にこちらをチェック All Rights Reserved.